理想的な目元を手に入れることができる二重整形の費用相場

  1. ホーム
  2. 二重整形のダウンタイム

二重整形のダウンタイム

レディ

二重整形をお考えの方で、整形に関する手術方法や費用など色々な情報をインターネットで探している方が多くいるかと思われます。そんな中でダウンタイムという言葉を目にする機会があります。ダウンタイムとは、二重整形を受けた後に、日常生活に戻れるまでの時間を言います。美容整形でのダウンタイムは大きく4つに分けることができます。まず1つ目は二重整形後の痛みです。費用があまりかからない埋没法での二重整形は痛みによるダウンタイムが少なく、当日帰宅することができます。他の施術では痛みが術後に痛みがある場合はダウンタイムの時間を設けられており、術後のアフターケアと帰宅後の相談窓口が用意されています。もちろん、二重整形でも何か気になることがあれば、相談窓口にて問い合わせを行なっているのでなんでも相談してみましょう。2つ目に、二重整形後の腫れがあります。二重整形はまぶたの腫れが強く出るため、ダウンタイムが重要となります。費用負担が軽い埋没法で手術を受けると、手術当日より翌日にかけて腫れが出てきます。腫れぼったく少しとろんとしたような目になるので、腫れが引くまではメガネを使用して対処しましょう。だいたい一週間で腫れは引き始めますので、それ以上に腫れが続き大きくなってしまうようであれば、施術を受けた美容整形クリニックに相談しましょう。3つ目に美容整形後の内出血です。二重手術で費用がかからない埋没法では内出血がまぶたに出る方がいます。個人差があり、まったく内出血がでない人がいれば、1カ月近く続く方までダウンタイムの症状に大きな差があります。まぶたの腫れより、内出血は人の目についてしまいます。埋没法の内出血によるダウンタイムはしっかりと取るようにしましょう。4つ目に美容整形後の糸を抜糸するまでの時間です。埋没法は抜糸する必要がありませんが、その他の美容整形手術を受ける際には抜糸までのダウンタイムが必要になります。また、体の中で溶ける糸を使用して抜糸をしない場合は、完全に溶けきるまで1カ月ほどかかるので、縫合をする手術はダウンタイムを1ヶ月近くは取るようにしましょう。このように、二重整形のダウンタイムは他の施術に比べてダウンタイムは早く終わります。よりダウンタイムを早く終わらせるために、できることがいくつかあるので紹介したいと思います。1つ目は手術中はリラックスすることです。手術を受ける時に緊張するなという方が難しいことですが、まぶたに力が入ってしまうと、どうしても腫れや内出血が起こりやすくなります。なるべくリラックスして施術を受けられるように、家族や友人に立ち会ってもらうか、タオルなど握れるものがあれば多少まぶたの緊張を抑えることができます。二重整形の手術が終わった後は、まぶたやその周りを冷やしましょう。術後はまぶたに熱をもってしまいます。熱を持ったままだと腫れが酷くなってしまいますので冷やしましょう。手術が終わった当日から3日間はなるべく目を使わないようにしましょう。パソコンやスマホなど使用していると、無意識に目に力が入ってしまいます。力が入っていると腫れが引きにくくなるので、なるべく目を使い過ぎないようにしましょう。コンタクトの使用や目の周りのメイクもなるべくは控えるようにするとダウンタイムが短くなります。